ゼニカルとは違う?/これからの時代は、オルリガルで肥満対策をすること!

これからの時代は、オルリガルで肥満対策をすること!

ゼニカルとは違う?

オレンジ色の錠剤が入ったパッケージ

オルリガルという薬は、トップでも話したようにゼニカルのジェネリック医薬品となっています。
しかしあまり薬のことについて詳しくないという人は、ジェネリック医薬品といわれてもよくわからないと思います。
ではジェネリック医薬品とは一体どういうものなのか?

まずジェネリック医薬品は後発医薬品と呼ばれるものになります。
これは要するに先発医薬品よりもあとから開発されたという意味で、先発医薬品とまったく同じ成分が使われています。
つまりオルリガルを使うということは、すなわちゼニカルを使うのとあまり変わりがありません。
オルリガルには有効成分としてオルリスタットが120mg配合されています。

ただ、ジェネリック医薬品は圧倒的に安いのが特徴です。
だからお金があまりない人でも、ゼニカルより間違いなく簡単に手に入れることができるでしょう。
そしてジェネリック医薬品は、一見すると先発医薬品と同じように感じますが、実は一部だけ先発医薬品とは異なる部分がある場合もあります。
有効成分の種類や用法用量などはまったく同じでも、その薬の形状だったり味や添加物などは変えることができるのです。
つまり先発医薬品よりもジェネリック医薬品の方が優秀であることが多いので、オルリガルに限らずどんな医薬品を手に入れる際にはジェネリック医薬品をおすすめします。

ただしジェネリック医薬品だと副作用が出てしまうといった人もたまにいるので、利用する前にはちゃんと自分の体に相性がいいのかどうかを病院などで確認しておくべきでしょう。
そうすれば安全にあなたもジェネリック医薬品を使い始めることができるようになります。