アスランスはバイアグラよりも更に優しいジェネリック医薬品

アスランスのパッケージED治療薬は三大ED治療薬と呼ばれる、バイアグラ、レビトラ、シアリスを筆頭にして
それぞれのジェネリック医薬品が多数販売されています。

そのため、今ではバイアグラなどの新薬よりもジェネリック医薬品を購入して使っているという人は少なくありません。

ジェネリック医薬品を使う事によって、価格を抑えることができたり新薬には無かったメリットを得たりといったことが可能になっているためです。

今回紹介するのは、そんなジェネリック医薬品の一つである「アスランス」になります。

こちらのアスランスはバイアグラのジェネリック医薬品として登場し、今では幅広い人に使われています。
バイアグラを始めて使うといった方でも安心して使う事ができるメリットもあり、とりあえずバイアグラを試してみたいというような人にもオススメできます。

バイアグラと同じ成分だけど配合量が少ない!

バイアグラジェネリックであるアスランスの最大の特徴というのが、成分配合量です。
多くのバイアグラジェネリックでは、成分配合量が50mgや100mgと多いのが特徴となっています。

しかし、アスランスは逆に成分量が少ないということが特徴になっています。
成分量が少ないため、効果の大きさなどは小さくなってしまう可能性があります。

ですがその分、副作用は小さくなっているのでバイアグラを使ってみて、副作用がきつかった。

頭痛薬を飲んでバイアグラを使っているというような人は、アスランスに変えるだけで副作用を感じることなく有効な効果のみを感じられるようになることがあります。

インドにある製薬会社の一つシプラ社製

シプラ社のロゴバイアグラジェネリックのアスランスを製造、販売しているのはインドのムンバイに本社をおいているシプラ社です。
シプラ社は、インドの中でも有数の製薬会社の1つで数々のジェネリック医薬品を手掛けています。

数多くのジェネリックを作り、製薬会社としての地位も非常に高く、安心して使えるというのは非常に大きなメリットといえるでしょう。

 

シプラ社が製造していたジェネリック医薬品としては

・スハグラ(バイアグラジェネリック)
・シラグラ(バイアグラジェネリック)
・タダシップ(シアリスジェネリック)
・アイピル(アフターピル)
・アジー(ジスロマックジェネリック)
・フィンペシア(プロペシアジェネリック)

などがありますし、上記以外にもまだまだ数多くのジェネリックを製造しています。
EDの治療だけでなく、AGAや避妊、性病など様々な分野のジェネリックを製造しているのでED治療薬は使ったことが無いけど
他のシプラ社製の医薬品を使ったことがあるという人も珍しくありません。

アスランスを購入する

アスランスのパッケージ
バイアグラジェネリックとしては、珍しい低用量のED治療薬になります。
他のジェネリックだと副作用がきつい、効果が出すぎるという場合は低用量のアスランスを使うことでそれらを抑えられます。