バイアグラは楽天・アマゾンなどの通販で購入できる?

ネット通販を使う様子ED治療薬であるバイアグラを手に入れるための方法は、病院で処方してもらうというほかに、ネットの通販サイトを使って手に入れるという方法があります。
しかし、実際にネットの通販サイトでバイアグラを検索してみても、その商品が検索結果に出ることはありません。

世界最大級と言われるネット通販大手の「AMAZON」であったり、日本で大きなシェアを持っている「楽天」でもバイアグラを購入することはできないのです。
実は、バイアグラなどの処方箋を必要とする医薬品の売買をネットを通じて行う事は、禁じられています。
ですから、AMAZONや楽天にバイアグラが商品としてあれば、その時点で法律違反となってしまうのです。

ここで、問題となるのがAMAZONや楽天にはないけど、バイアグラを取り扱っている通販サイトが非常に多いという事。
実は医薬品を専門的に取り扱っている様に見える通販サイトはほとんど、個人輸入代行と呼ばれるサービスのサイトであって通販とは全くの別物になのです。

気になるサービス、個人輸入代行とは?

普通の通販では取り扱えない医薬品をメインに取り扱っている個人輸入代行と呼ばれるサービスとはいったいどのようなものなのでしょうか?
ここからは、この個人輸入代行と呼ばれるサービスにフォーカスをあてて紹介していきます。

個人輸入代行と呼ばれるサービスは、そのサービスの名称が示している様に個人輸入を代行してくれるサービスになります。個人輸入とは、海外から個人で様々な商品を輸入して使うことです。

ですから、海外で作られている医薬品を輸入して使おうという事ですね。

国からも認められている個人輸入

現在の日本でも、この個人輸入を使って海外から日本で認可されていない医薬品を輸入して使用することは認められています
当然、その時は自己責任の下で使用を行う事が前提となります。

日本ではまだ認可されていないけど、大きな効果を持つ医薬品があるというような場合、使いたいけど使えないという状況をこの個人輸入によって打破できます

個人輸入まで禁止されてしまっていると、海外なら治せるのに日本にいるから治療できないというような状況になることも考えられますがこの個人輸入というシステムの存在によって、その状況を回避することができるわけです。

個人輸入を行うために

個人輸入を使えば日本で認可されていない医薬品を輸入して使うことができるようになります。
しかし、そこに到達するまでにはいくつもの大きなハードルを乗り越える必要があるのです。

そのハードルの中でも特に大きなものとして

・言葉の壁
・法律の壁

があります。

海外からの輸入になるので、輸入に関するやり取りは全て輸入元の現地語がメインとなります。
そのため最低でも英語を無理なく読み書きできる程度の知識が必要になります。

また、英語でのやりとりができても医薬品の輸入に関する法律が、海外にも日本にもあったりするので、法律的な問題がないように輸入する必要があります

当然、法律の知識が無ければ自分で気づかないうちに法律を犯してしまっている。何てことになりかねません。そのため、個人で輸入を行う場合にはさまざまな知識が必要不可欠なわけです。

そびえたつ高い壁も代行でひとっ飛び

医薬品を海外から輸入して使うことは、非常に便利なものではありますが、輸入自体が簡単なことではないため輸入を使う人はごく一部の人だけでした。

しかし、インターネットの普及と共に登場したサービスによって、現在では非常に多くの人が個人輸入を利用するようになっています。

そのサービスというのが、既に紹介した「個人輸入の代行」と呼ばれるサービスです。

この個人輸入代行サービスのメリットは、個人輸入のハードルである、言葉と法律の壁を両方とも無視することができることです。

代行業者に輸入を希望する医薬品を伝え、その輸入を代行してもらうだけ。
現地とのやり取りや、法律的な壁はその時に全てクリアしてくれるので、利用する側は何の知識を持たずとも医薬品を手にすることができるわけです。

こうした、ハードルが取り去らわれたことで、誰でも気軽に医薬品を輸入して使えるようになっているので、まだ使ったことが無いという方は是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

通販サイトと間違える理由はサイトにあり!

ネット通販サイトのイメージ個人輸入代行のサービスを使っているのに、通販を使っているような感覚に陥ってしまう。
その一番の理由は、個人輸入代行サービスのサイトに理由があります。

多くの個人輸入サイトでは、AMAZONや楽天と同様の手順を踏むことで輸入の代行依頼が完了します

 

 

 

欲しい医薬品をカートへ入れる
レジへ進む
支払い方法や届け先情報を入力
支払方法を選択する
決済を行う

これで、輸入の発注が完了して、欲しい医薬品を届け先まで届けてもらえます。注文から、手元に届くまでの流れが通販サイトと変わらないので、AMAZONなどを使ったことがあるという人は、誰でも簡単に利用することができるでしょう。

それぞれの個人輸入代行サイトで、輸入が禁止されているような医薬品はもちろん取り使っていません。ですから、自分が知らないうちに輸入が禁止されている医薬品を輸入してしまうという事も無くなるので、安心して使えるのもメリットといえます。

医薬品の通販と個人輸入のまとめ

医薬品はネットの通販で手に入れる時代
この台詞は正解でも間違いでもあります。
ネットで手に入れることができる時代にはなっていますが、その方法は厳密には通販ではなく個人輸入の代行と呼ばれるサービスによるもの。

利用する側からすると、そうした細かい部分の違いは特に気にする必要はないですが
こういうことを知っていると、より安心してネットで医薬品を手に入れることができるようにもなるでしょう。

ネット通販は、今では当たり前のように使われているサービスですし、多くの人が実際に使った経験があるものだったりします。その要領で簡単に医薬品を手に入れられるというのは、現代に生きる人にとっては非常に大きなメリットがあるわけです。

特に、ED治療やAGA治療など人には相談しづらい病気の治療などの場合は、できるだけ全ての作業が自己完結できる手法の方が好まれます
そうした思いとマッチしたことが、個人輸入代行サービスがここまで躍進している大きな要因と言えるでしょう。