変な通販サイトに騙されないために

販売者情報のイメージED治療薬であるバイアグラは、通販(個人輸入)を利用することでとても簡単に購入することができます。しかしながら通販サイトを使う際にもまた色々な注意点が存在します。

実際にバイアグラが取り扱われている通販サイトというは複数存在しており、どの通販サイトでバイアグラを輸入するのかを考えていくことになるのですが中には当然悪徳な通販サイトもあります

つまり、悪徳な通販サイトでバイアグラを輸入してしまうと、偽物を掴まされたりする経験をしてしまうことに繋がってしまうのです。

ではどうすれば優良な通販サイトからバイアグラを輸入することができるのでしょうか。

悪徳な通販サイトとそうでない通販サイトの見分け方として
とりあえず特定商取引法の記載をしっかり確認することがあげられます。

ここには色んな販売者情報が明記されているので、もしこの部分が疎かになってしまっている通販サイトを見つけたら、そこは完全にグレーなサイトであると判断することができます
また、一切特定商取引法についての記載がされていない通販サイトも存在するので、そういうところは絶対に使ってはいけません。

偽物と本物を判断するポイントは錠剤の色や形

バイアグラの本物と偽物一番わかりやすいのがバイアグラを始めとした薬の色や形状です。
本来、バイアグラというのは青色でひし形の錠剤なのですが、青以外の色だったり、形状がひし形出なかった場合は完全な偽物となってしまいます。
残念ながら青色以外のバイアグラは完全な偽物なので、明らかに悪徳サイトであることがわかりますね。
ただし、実際の錠剤の色や形状を見て判断する場合には注意点がいくつかあります。
その注意点を適切に把握しておかなければ、優良な通販サイトであっても悪徳な通販サイトに見えてしまう可能性もあります。

そのため、実際にバイアグラの錠剤などを見て判断しようと考えている場合には、病院で処方してもらった正規品のバイアグラを持っておくといったことが必要です。
現在は、偽物の中にも比較的精巧に作られているものもあるので、色が微妙に違うだけというケースもあるので記憶で真贋を判断することはリスキーであるといえます。

また、通販サイトの中には、バイアグラのジェネリック医薬品を取り扱っているところも少なくありません。
バイアグラのジェネリックを購入した場合は、当然それぞれのジェネリックごとに錠剤の形状や色も変化してくるので輸入したバイアグラがジェネリックでない事も確認しておく必要があります。

このような存在しないED治療薬を販売しているかどうかも見ながら、色んな通販サイトを吟味してみましょう。

偽物を輸入してしまった場合は使わない!

万が一、通販サイトを使って偽物を手にしてしまった場合は、その通販サイトは今後は使わないようにするとともに手にした偽物に関しても、使わないようにしましょう。

偽物の医薬品は製造過程も不明ですし、配合されている成分に関しても不明で非常に危険です。
同じ成分を配合しているとしても、衛生環境の悪い状態で製造されているといった可能性も十分に考えられます。そのため、偽物を手にした場合には必ず使用せずに破棄することが需要です。

確実に、本物を手に入れたいと考えた場合は

本物のED治療薬バイアグラを確実に手に入れる方法は、病院での処方となります。
病院で偽物をが処方されるという心配は基本的にありません。
そのため、確実性を求める場合には病院で処方してもらう事に勝る方法はないといえるでしょう。

通販サイトには、確実性という部分では病院に劣りますがそれ以外の様々な部分で勝るところがあるので自分に合った方法を利用してバイアグラを手に入れEDの悩みを解消していきましょう。